ハピネスケア 当社の特徴 イメージ

当社の特徴

真の心「まごころ」・安心介護の実現

1986年(昭和61年)、看護師だった創業者は様々な経験から、お年寄りの悲痛な「声、願い」を多く耳にしました。
そして、その「声、願い」を叶えたいとの思いで、在宅福祉に全力を注ぐべく訪問入浴介護会社を設立しました。

喜びと感謝、そして笑顔があふれるご利用者、ご家族、そしてスタッフ、「赤子を産湯に入れる如く、細心の真心で」とお年寄りに入浴をお届けしています。
在では複数のサービスを提供し地域に根差し創業30周年を迎えました。

会社のシンボルマークは「心」を表し、オレンジ部分は複数のサービスを表現しています。
ご利用者、ご家族、そしてスタッフ。ひとりひとりのふれあいを大切にし、
真の心「まごころ」が通う「安心介護の実現」を目指すとの意味が込められています。

ハピネスケア シンボルマーク


合言葉「してあげる」ではなく「させていただく」喜び

お一人おひとりの人生の中の思い出、悲しかったこと、辛かったこと、楽しかったことなど、 私達はそんなご利用者の想いを尊重し、尊敬し、これからのより良い生活を住み慣れた場所で日々有意義に生活ができるよう、介護や支援をさせていただきます。

そして納得の行く人生に花を添えられるように、スタッフ一人ひとりが謙虚な気持ちでサービスを提供しております。

ハピネスケア スタッフ集合写真


季刊誌の発刊

スタッフがご利用者、ご家族、担当ケアマネさんを取材しその記事を「はぴねす通信」に掲載し、 ご利用者やご家族、各居宅支援事業所や社内従業員に年二回、配布し、人の心から心へと「心の和(輪)」を広げております。


季刊誌の発刊 イメージ
採用情報はこちら
募集中の求人を見る


© ハピネスケア株式会社